トップページ > お知らせ

お知らせ

当寺院で行われた行事の様子や、季節ごとに移り変わる境内の風景、参詣者の皆様の様子などを掲載させて頂きます。

・東別院音楽祭

掲載日: 記事No. 324

一昨日、5月18日に東別院ホールで開催されました、「第3回東別院音楽祭」に当寺住職と法務員が聴いてまいりました。

各出演団体とも日頃の練習の成果を発揮されており、充実したひとときを過ごしました。

名古屋別院では様々な催し物がございますので、ご門徒の皆様、是非お出かけ下さい。


(PDF形式、資料添付がある場合のみ)

・浄化槽点検

掲載日: 記事No. 323

本日、定期管理「浄化槽点検」を丸新商事株式会社が行いました。

このように、当寺では定期的に保守点検を実施しています。

ご門徒の皆様には、その旨ご報告いたします。

・牡丹の花

掲載日: 記事No. 322

例年のように、今年も境内の牡丹の花が見頃を迎えております。

山門を入って、左側に咲いております。

ご参詣の際は、是非ご覧ください。

・降誕会

掲載日: 記事No. 321

本日、4月8日はお釈迦様のお生まれになった大切な日です。

9時より、本堂にて降誕会のお勤めを行いました。

また、参詣者の皆様には記念品をお渡しさせていただきました。

お釈迦様は、生まれるとすぐに7歩あるき、右手で天を左手で地を指して、

天上天下唯我独尊てんじょうてんげゆいがどくそん」と唱えたといわれています。「我」はお釈迦様本人の事を指すのではなく、個々人を指し、「それぞれの存在が尊いものである」という意味なのだそうです。写真の誕生仏は、その時の様子を表しているものです。

・春季永代経

掲載日: 記事No. 320

本日、春季永代経が勤まりました。生憎の曇り空でしたが、大勢のご門徒様にお出でいただき感謝いたします。本日の法要には若院も出仕しました。

法要後、今年より随順寺御住職、黒田法雄 師にご法話をしていただきました。今日の内容は「命」や「無功徳」等、資料もあり、大変分かり易いのお話でした。

この春の法要は、日本仏教を伝えられた聖徳太子様のお徳を偲ぶ法要(太子経)もあわせて行われました。当寺の太子像は年に一回、この日のみご開帳をいたします。

また、本年からの新しい総代3名を皆様にご紹介いたしました。

参加された皆様には記念品「花まつりセット」とお弁当をお渡しさせていただきました。

4月8日には降誕会が勤まります。是非お出かけ下さい。

宗教法人真宗大谷派木田山 福田寺 〒490-1222 愛知県あま市木田小兵衛前69